インプラントの失敗を避けるならよく調べる:完璧歯並びを買う方法

dentist

埋め込む仕組み

teeth

近年はインプラントの手術を実際に活用する人が多くなってきています。インプラントと聞いたことはあっても実際にはどういったものなのかを知る人は多くはありません。インプラントとは無くしてしまった歯の代わりに顎に埋め込む歯のことであり、人工の歯根を骨に埋め込むことです。その上に自然な歯のように人工の歯をかぶせる仕組みになっています。インプラントは骨にしっかりと固定して本物の歯同様に使えることから第二に永久歯とも呼ばれているのです。
歯茎は植物の根っこのようなものであり、根っこが丈夫であるほど植物が丈夫に育つように、歯も歯茎がしっかりしていればそれだけ丈夫なものになります。インプラントが画期的なものである理由は歯肉を切開して顎の骨に人工の歯根を埋め込むことで自然の歯と少しの違いもない機能を実現出来る所でしょう。現在はインプラント以外でこうした自然に限りなく近い歯を生み出す治療はないのが現状なのです。
インプラントの構造は基本的に3つの作りからなります。顎の骨に埋め込む人工歯根、歯茎の上に取り付ける人工の歯、この二つをつなげるアバットメントの3つで形成されています。このそれぞれのパーツをどうのように入れていくかで治療にかかる期間が大きく変わってくるのです。

インプラントが出る前までは歯を失った場合の治療として入れ歯やブリッジが主なものでした。
入れ歯は歯を失った箇所に人工歯茎を含めた義歯をはめ込んで、周囲の歯にバネで取り付けるといった手法です。インプラントがでてくるまでは最もポピュラーに行われる治療法でしたが、天然の歯ではないため顎の骨が痩せやすく周囲の歯に対しても負担をかけてしまうといったデメリットがありました。また虫歯が出来やすかったり、見た目的にもあまりよくなかったり噛み合わせもあまり用ないなどの問題点も多くあります。
ブリッジは歯を失った箇所に義歯をはめて、両側の歯と一緒に固定する方法です。左右の歯とセットで固定するため、とても安定していて自然な歯に近い歯を得ることができます。しかし、健康な状態である左右の歯を削る必要があり、将来的にその健康な歯まで損傷してしまう可能性があるデメリットがあります。
こういったデメリットがないインプラントがどれだけ素晴らしい手法なのかが分かります。